大学受験から20の英語勉強法で全落ち原因を消した男のブログ

大学受験から20の英語勉強法で全落ち原因を消した男のブログ

2.勉強時間を減らせ!勉強が続かないを克服し効率的な勉強法を身につける?

f:id:dawadaye:20170625032905j:plain

んにちは、タツヤです!

 

今回の記事では、
勉強時間を"減らす"ことで、
勉強が続かないを克服してしまう方法
についてお話しします。

 

 

「勉強しなかったら意味ないじゃん」

「勉強時間が減らすとか意味わからない…」

 

こんな風に思うはず…。

 

こんなの究極の矛盾ですからね(笑)

 

 

でもですよ?

「勉強時間を減らせたら、勉強嫌いには最高ジャン!

ってなりません??

 

当時のぼくはまさに画期的な方法だ!

なんて超浮かれてましたから。

 

 

ということで、いきましょう!…

 

「ところでお前は誰だ!!」

そう思われてるかもしれませんね。

まずは自己紹介、

dawadaye.hateblo.jp

・一体どんな人間なのか

・どんな高校生活だったのか

・どうやって勉強へ取り組めたのか

上記からどうぞ。

 


 

ところで、

あなたは勉強が嫌いですか??

 

「そりゃね…」

「だから苦労してるんじゃないか!」

「勉強好きならもっと勉強してるし!」 

 

そりゃそうですよね。

 

もちろんあなたには、

 

「英語の成績を伸ばしたい」


「英語の力をつけて受験に勝ちたい!」

 

「スラスラと英語が解けるようになりたい」

 

「英語を得意にして気持ち的に安心したい」

 

こんな思いがあるはずです。

 

 

でももし今回の記事しっかり読まないと、

  • いつまでたってもダラダラ勉強することになる
  • 全く英語ができずに受験への不安が募る
  • 勉強や受験への不安と焦りが大きくなる
  • 勉強がもっと嫌いになって続けられなくなる

数え切れないほどのデメリットが。

当然"最悪の未来"に繋がりますよね。

 

絶対にこんな事にはなりたくありません。

というか、
なってはいけませんよね……

 

 

がしかし。

今回の記事を読んで実践すれば、

  • 効率よく勉強ができて他の教科に集中できる
  • 勉強できる時間に余裕ができる
  • 暗記を最短ですることができる
  • 定期試験も難なくこなせるようになる
  • 嫌いな勉強を続けることができる
  • より合格に近くなる!

 まさにメリットしかないわけですね。

 

 

 

ぼく自身、
この方法で今までより遥かに
暗記するスピードや勉強できる時間が
早くなりました。

そして何より、
"勉強が続かない"をかなり克服できたんですね。

 

 

では一体どうすれば、
勉強が続かないを克服できてしまうのか?

 

それは…?

 

勉強時間を減らすことで勉強が続ないを克服する方法とは?!f:id:dawadaye:20170625032905j:plain

 

ぼくが大嫌いで全く続かない勉強を
克服した驚きの方法。

 

 

それは、

"最も集中できる時間だけの勉強"

です。

 

 

「勉強なんて長い時間できないし…」

 

「その勉強時間が短いけど大丈夫なの?」

 

「そんな事で勉強が続けれるんかいな」

 

そんな風に思っていることでしょう。

なので、詳しく説明していきますね!

 

 

まず"自分が最も集中できる時間"とは、

  • 場所
  • 環境
  • 天候
  • 気温
  • 気分

等々、色んなものに左右されますよね。

 

よーーーくわかります……。

 

しかし、
その日その時間によって左右される
時間だけの勉強にも意味はあるんです。

 

 

ぼくだってそもそも勉強嫌いで
全くしない人間だったんですから。

 

だからぼくは、
今まで中途半端にやっていた勉強の
時間を思いっきり減らしました。

そして
自分の最も集中できる時間だけの勉強にしたんです。

 

 

 

でもですね、
最も集中できる時間だけと言っても
それだけなら二ヶ月で一気に合格までは上がれない。

 

そこであなたにある方法をおすすめします。

 

 

では具体的に何をすれば良いのか?

f:id:dawadaye:20170623044352j:plain

 

突然ですけど、

 

1時間の練習をきっちり走り込んだ人

3時間の練習を友達と喋りながら
常にジョギングみたいな走りをしている人

 

この二人では、
どちらの方が力がつくと思いますか??

 

 

 

「なんの問題だ?」

「まあ…最初の人じゃない?」

 

なんとなくでも、はっきりとでも、
"1時間の練習をきっちり走り込んだ人"だと思いますよね。

 

これは
たとえ短い時間でも本気でやれば実力がつくんだ。と、
ぼくもあなたも本質的に思っているからなんですね。

 

 

あるいはその経験があるから。

 

 

なので今回の方法も、
あなたなら必ず理解し実践できるということです。

 

ではそんな方法というのをお教えします。

 

簡単な方法です。

 

自分が最も集中できる時間だけの勉強

5~10分の休憩

自分が最も集中できる時間だけの勉強

5~10分の休憩

自分が最も集中できる時間だけの勉強

 

 

たったこれだけです。

 

休憩はしすぎるとやる気が無くなるんで、
最初から学校の休み時間と同じ時間にしました。

(学校の休み時間の長さもちゃんと意味があるんです)

 

 

ちなみにぼくは、
テレビもスマホも完全に触らないでの勉強。

これで完全に集中できる時間は、
初めの方は15分程度でした。。。

 


そしてここでのポイントは、
一回の勉強時間を増やすなら
勉強→休憩のサイクルを増やすこと。

 

これでメリハリがつくので、
勉強がもっと嫌にはなりにくいわけです。

 

 

 

確かにめちゃくちゃ勉強するというのはすごいことです。

 

でも、
ハッキリ言って無駄な勉強時間ならいりませんよ。

 

もうすでに
勉強するのが体に染み込んでいる人より、
あなたの方が断然この方法を実践しやすいんです。

 

 

必ず、実践してくださいね!

 

↓↓あなたが今すぐにすること↓↓

実践するためにはまず、
だらだら勉強をやめるところから。

 

「頭に入ってるのか入ってないのか分からない」

 

そんな勉強なら今すぐやめてください。

たとえ5分でも、
本気で頭を回すことが今は大事なんです

 

 

ただ教科書や参考書が机に出てるだけ。

そんな状態なら邪魔なんですぐに片付けちゃってください。

 

 

「この問題だけやる!」

 

そう決めたら、集中。
たとえどんなに短い時間でも、
ダラダラ長く勉強するよりもあなたの力になりますよ!

 

 

 

今回お教えした方法、

  • 効率よく勉強ができて他の教科に集中できる
  • 勉強できる時間に余裕ができる
  • 暗記を最短ですることができる
  • 定期試験も難なくこなせるようになる
  • 嫌いな勉強を続けることができる
  • より合格に近くなる!

たったひとつの方法でこんなに多くの
メリットを得ることができるんです。

 

しかし適当に読んで何も実践しないと…

 

お分りですね…

 

 

まとめ

今回お話ししたのは、

"最も集中できる時間だけの勉強"

です。

 

そしてあなたがすることは、

自分が最も集中できる時間だけの勉強

 ↓

 『5~10分の休憩

自分が最も集中できる時間だけの勉強

 ↓

 『5~10分の休憩

でしたね!

 

 

無駄な時間の勉強はやめる。

これだけは絶対に守っていきましょ!

 

 

 

では今回はこの辺で失礼します。

 

次の記事内容はこちらです!

dawadaye.hateblo.jp

 

質問等があれば、
いつでもコメントしてください。

お待ちしております。

 

ではでは^^