偏差値40以下高校生が2ヶ月で産近甲龍に合格する20の英語勉強法

元偏差値40以下だった高校生が2ヶ月で産近甲龍に合格した経験をもとに、その英語や文系科目の20の勉強法を大公開します!

17."嫌われる勇気"で志望校合格!周りの目なんて気にしてたら落ちるよ。

 

 

んにちは〜タツヤです!

 

今回ご紹介したいのは、

嫌われる勇気で志望校へ近づく方法

というのをご紹介します。

 

 

「何を言っているのか分からない」

「具体的な勉強法ちょうだいよ」

 

なんて思われるかもしれませんね…

 

 

でもまあとりあえず、
この先を読み進めてください。

 

そしたらこの答えがありますから。

 

ではいきましょう…

 

 

 

さてさて、あなたは、
より深く勉強するためには何が大切だと思いますか?

 

「いきなり聞かれても…」

 

って感じでしょうか。

 

 

 

ちなみにぼくの場合のこの答えは、
疑問に思い続けること です。

 

 

疑問→答え→疑問→答え→疑問

 

 

これの繰り返しで、
より深く理解ができていきます。

 

 

 

 しかしぼくはこれまでの記事でも、
暗記すれば受かる、と言い続けています。

 

 

 

ではなぜ今回はこんな話をするのか?

 

 

それは、

 

  • より深く暗記する
  • 間違えを発見する
  • 自分自身の知識レベルをあげる
  • 頭一つ抜けた存在になる

 

これらをあなたに、
身につけてもらいたいと思ったからです。

 

 

あ、でも、安心してください。

 

 

別に難しいことではないので!!

 

 

ただし、

嫌われるかもしれません。

 

 

それができそうなら、
試してみてくださいね。

 

 

 

嫌われる勇気で志望校へ近づく方法f:id:dawadaye:20170803211803j:plain

 

いきなり言うと、

"人の揚げ足を取っていく"

ということです。

 

 

 

いちいち人の揚げ足をとる人っているでしょう?

 

面倒だし。

 

ウザいし。

 

なんだこいつ。

 

 

ですけどこれって、

人の間違いに気づいて指摘できている

ってことですよね。

 

 

つまり、

問題発見して解決しているわけです。

 

 

ぼくも実際に人の揚げ足を取り始めたら、
あらゆる理解が深まりました。

 

 

「それは間違いだ→それは◯◯だ!」

 

 

これができる人は間違いなくスムーズな
受験勉強ができます。

 

 

 

 

さらに、これを続けていると、

よく考えてから話すようになります。

 

つまり、

 

 

頭の中で正解不正解を考えてからなので、
しょうもないミスが減るようになるんです。

 

 

揚げ足を取ると、

  • 人の間違いに気づいて指摘できる
  • よく考えてから話せるようになる

こんな能力が付いてくるわけなんです。

 

 

 

あ、

 

ほんの少しの"嫌われる勇気"でね。

 

 

 

具体的な方法は??f:id:dawadaye:20170623044352j:plain

 

 

揚げ足を取る

 = 間違いを見つけて指摘する

 

これさえ覚えていただけたら、
今回の記事内容は把握できています。

 

 

 

 

 

ただもし、

 

「どうしても嫌われるのは嫌だ。」

 

なんて場合ならば、
口に出さず心の中でも良いかなと思います。

 

 

ぼくとしては思い切って
声に出してほしいですけどね……。

 

 

 

 

↓↓あなたが今すぐにすること↓↓

 

好きな漫才師さんはいますか?

 

 

実は揚げ足を取れると、

ツッコミの力も上がります。

 

だから漫才をみてツッコミをするのも、
方法のひとつですよ!

 

 

ただやっぱり、
実践した方が格段にレベルアップするので
おすすめですけどね!

 

 

ちなみにぼくの場合は、
関西出身でツッコミに厳しいので良い環境でした(笑)

 

 

まとめ

"人の揚げ足を取っていく"

 

これであなたも、

  • 人の間違いに気づいて指摘できる
  • よく考えてから話せるようになる

 

これらの能力が手に入ります。

 

 

嫌われる勇気ができたら、
実践してみてくださいね。。。

 

 

 

ということで、
今回はこの辺にしておきます! 

 

次回の記事内容はこちらから!

dawadaye.hateblo.jp

 

質問等があれば、

いつでもコメントしてください。

お待ちしております。

 

ではでは^^